住宅

住宅環境快適化|電動シャッターや解体工事をしてくれる業者に依頼

事前にチェックしておこう

シャッター

電動シャッターを導入する

店舗の入り口や自宅のガレージなどに電動シャッターを導入する場合、専門の業者に依頼するのが一般的です。ほとんどの業者が各メーカーの電動シャッターの施工工事を行ってくれます。また、設置後の保守点検作業も請け負ってくれます。したがって、電動シャッターの導入に際しては、製品の特徴や用途についてよく相談したうえで、選択することが望ましいと言えます。まずは、電話やメールなどで業者に連絡して相談することから始めます。つぎに、業者が現地に出向いてくれますので、そこで具体的な相談をすることができます。どのような電動シャッターが適しているか、など重要なポイントについて話し合うと同時に、見積りを依頼することが必要です。最終的に合意した段階で契約、施工、引渡しという手順で進むことが望ましいでしょう。

電動化することによるメリット

手動のシャッターと異なり、電動シャッターを導入することでいくつかのメリットが得られます。まず、開閉が圧倒的に快適になります。最近はリモコン方式が一般的ですので、さらに開閉作業が楽になります。つぎに開閉時の音も静かになります。主導の場合、どうしても開閉時の音が気になり、近隣住民へ気を使うことがあります。電動シャッターの場合は、その心配がありません。また、電動シャッター取付の際、安全スイッチを取り付けることで座板の呑み込みや逆巻を防止したり、障害物検知装置や自動開閉装置を取り付けることで事故や火災時の対応も可能になります。さらに開閉時の人身事故を防止する目的で危害防止装置という機能を取り付けることも検討に値すると思われます。

解体工事を依頼する

住宅の環境や工事をしてくれる業者の中には、建物の解体工事をしてくれるところもあります。解体をする建物に使用されている材質によっては施工方法が異なるので、事前に材質のチェックをしておきましょう。

電動にするメリット

白いシャッター

シャッターを手動から電動のものに変える場合は専門業者に取り付け工事を行なってもらいましょう。また、最近はシャッターに使われる材質も丈夫なものを使われるようになっているので、劣化を防いだり遅らせたり出来るのです。

詳しくはこちら

一般家庭でも利用可能

二つのシャッター

最近では一戸建てやマンションなどの比較的新しい建物に、はじめから電動シャッターが取り付けられている物件も増えています。電動シャッターは取り付け工事を行なえば、一般家庭でも利用出来ます。

詳しくはこちら

日頃から点検を

たくさんのシャッター

電動シャッターも文字通り、電気のちからで動いています。ですから、定期的に点検やメンテナンスを行なってあげるようにしましょう。点検には専門的な知識を持っている業者に依頼をすることが大切です。

詳しくはこちら